#77 Lana Del Ray「Chemtrails Over The Country Club」を解剖

#77 Lana Del Ray「Chemtrails Over The Country Club」を解剖

ラナ・デル・レイのニューアルバム「ケムトレイルズ・オーヴァー・ザ・カントリークラブ」を解剖。

2021年3月25日はラナ・デル・レイ 「Chemtrails Over The Country Club」をピックアップ。アメリカのシンガーソングライター、ラナ・デルレイの7枚目のスタジオアルバムが3月19日にリリースされました。全11曲で、アルバムのほとんどの曲は、ラナ・デル・レイと、Fun.のジャック・アントノフによって作られてます。このジャック・アントノフはおなじみですね。バンド Funのメンバーで、最近はドがつくほどの売れっ子プロデューサーです。グラミーのアルバム・オブ・ザイヤーを獲得したテイラースウィフトの「Folklore」も彼がプロデュースしています。ちなみに前作のノーマン・ファッキン・ロックウェルもこのジャック・アントノフが参加しています。あと、同じく前作にもプロデューサーとして参加しているリック・ノーウェルズも今作に1曲だけですが参加。そして最後の曲「For Free」ですが、これだけカバーですね。ジョニミッチェルの曲を、ゼラ・デイ、ワイズ・ブラッドを迎えてカバーしました。

まずはアルバムのリリースの経緯です。NMEの2019年8月30日の記事からなんですが、この8月30日っていうのが、前作ノーマンファッキンロックウェルのリリース日mなんですね。ラナデルレイはこのタイミングでもう制作を始めてたと報道されています。

NME

Lana Del Rey has revealed that she has started on her next a…

の時点でのアルバムタイトルは「White Hot Forever」。その後2020年5月にタイトルを「Chemtrails Over The Country Club」に変更したと。この時点で今のタイトルになったわけですね。ちなみに今作の1曲目はWhite Dress。ちょっと前の名前を思わせる様な感じです。本当は昨年の9月にリリース予定だったんですが、コロナの影響で遅れて、このタイミングでリリースになりました。

アルバムは「White Dress」という曲でスタートします。

この曲は19歳で、、白いドレスを来ている、ウェイトレスだった頃をなつかしむ曲です。まだ成功していない自分を…。芝生の上でジャズを聞く。ホワイトストライプスをきく。「Listening to “White Stripes” when they were white-hot」というすごい美しい表現でつづられてます。キングスオブレオンをきく。まぁ…そういう時を懐かしむ曲です。こういう風に、自分が成功した、名声を得たことっていうのが、テーマの一つになってますね。

2019年にNMEのインタビューで、ラナデルレイは、普通の人と同じ様に、すごしたい。とコメントしています。確かにそう考えるとこれほどまでの名声を手にしたスーパーアーティストなのにも関わらず、あまりメディアには出ない、そういう印象ありますね。同じ様に5曲目の「Wild At Heart 」では、カメラがフラッシュをたく、それが車の事故をひきおこすという様な、パパラッチにおっかけられる様な描写があります。

そして最後のジョニ・ミッチェルのカバーは、ジョニミッチェルがセレブな生活をしている時に横目で路上で、無料で素晴らしいクラリネットを演奏している人を見る…。という歌詞なんですね。なんかこう、同じ様な雰囲気がでてますよね。

あと、ラナ・デル・レイは、結構この10年、「虐待を美化しているのではないか」という批判をあびてきた。歌詞に、「男性に服従したり、奉仕したりすることを美化している」部分が多いと。で、昨年ラナ・デル・レイは、これについて「違う」と反論しながら、ドージャ・キャット、アリアナ、ビヨンデなどを批判したんですよ。「セクシーでいること、服をきない…浮気する、そういうことを歌ってまた彼女たちがチャートのトップにたった」と。

これで炎上しまして。しかも、ラナ・デル・レイが批判したのが、移民にルーツをもつアーティストや、黒人アーティストばかりだったので、そこで更に炎上したんですね。今回、アルバムジャケットも最高なんですけど、このジャケは彼女の女兄弟、あと友達にかこまれた写真なんですよ。ここで、いろんな人種がいる。それがわざとらしいみたいな、批判もあがってますね。本当いろいろ大変です。このラナ・デル・レイっていうレトロなアメリカというか古き良きアメリカみたいなのを表現してたのもあって、.政治的な批判をあびたりとかも多いですね。まぁ、本当に有名になったことを嘆く、そういう歌詞をかきたくなる気持ちもわかる様な気がします。

あとは、このアルバムは過去の曲と同じ表現がよくみられることがすごい指摘されてますね。「Chemtrails Over The Country Club」の中で「あなたは風の中にいて、私は水の中にいる」と歌っていますが、これが2014年の曲、「Brooklyn Baby」の歌詞「私たちは風と海の中にいる」に似ていると指摘されています。あと、「Wild At Heart」の歌詞にでてくるジョンは「How To Disappear」という曲で登場したジョンと同じじゃないか、とか。

Chemtrails Over The Country Club

#77 おすすめプレイリスト

>洋楽 Weekly News speakeasy podcast

洋楽 Weekly News speakeasy podcast

海外音楽情報専門podcast。毎週水曜18時&金曜18時に配信。 チャートの動向、ニューアーティストPick Up、音楽ニュース..etc。 Shawn Mendes、The1975、The Chemical Brothersなど海外アーティストへのインタビューを多数している竹内琢也がホストになり、リアルな情報をお届けします。